Dante(TM)システム対応マルチチャンネル・オーディオ・インターフェイス
Symphony I/O Mk IIは ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバージョン、最大32チャンネルものモジュラー・カスタム・コンフィギュレーションのアナログ入出力、直感的なタッチスクリーンディスプレイを搭載し、オプションで世界基準品質のマイクプリアンプを搭載することも可能です。プロフェッショナル品質のオーディオレコーディング、ミキシングやマスタリングのために設計されたSymphony I/O Mk IIは、現代的なスタジオにおける最高の音楽制作の中心部として役割を果たしています。

そして、Symphony I/O Mk II Dante オプションカードとイーサネットケーブルさえあれば、Symphony I/O Mk IIをポストプロダクション、ブロードキャスト、ライブやレコーディングスタジオのネットワークに簡単に接続、シェアすることが可能になりました。高い支持を得ているあのサウンド・クオリティを、最も人気の高いaudio-over-IPソリューション上で利用することができるのです。Symphony I/O Mk II DanteオプションカードはPro Tools HDへの接続も可能で、Pro Tools HDシステムをDanteネットワーク環境に統合することもできます。他のDante対応のオーディオインターフェイスで、これほどまでのクオリティ、柔軟性とモジュラリティを持つものはありません。

【特徴】
●究極のサウンド・クオリティ - ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバージョンと、オプションのマイクプリアンプ I/O - 単体で最大32チャンネルのアナログ入出力と、オプションの8つのマイクプリアンプ

●Pro Tools HD 周辺機器ポート - 最大[email protected]で双方向チャンネルでの送受信をサポート。Symphony I/Oの入力またはDanteのRxを、8チャンネルのブロックごとにPro Toolsに入力できます。Pro Tools HDの出力はDante TxとI/Oモジュールの出力に送られます。

●最も互換性が高いネットワークテクノロジー:他のDanteデバイスとシームレスに動作します。
●最大[email protected][email protected]の双方向チャンネルでの送受信をサポートします。
●Apogeeネットワーク・コントロール・ソフトウェア - マイクプリ(搭載時のみ)、キャリブレーション、モニターコントロールを含むSymphony I/Oの設定を、リモートでコントロール可能(macOSとWindows 10に対応)
キャリブレーション、モニターやマイクプリアンプなどのSymphony I/O Mk IIの全ての設定をコントロール

Symphony I/O MK II用のDante(TM)ネットワークオプションカードは、Audinate社のDante (TM) Brooklyn IIモジュールを搭載し、プラグアンドプレイで最大[email protected][email protected]の双方向チャンネルでの送受信をサポートします。Symphony I/O Mk IIにPro Tools HD周辺機器ポートを搭載することで、Pro Toolsセッション~Danteネットワーク~Symphony I/Oモジュール間でのオーディオルーティングが可能になります。スタンドアローンの機器を追加する必要はありません。

【特徴】
究極のApogee品質をDante(TM)の接続性で
Apogee Symphony MKIIのサウンド・クオリティが、放送からライブ、ポスト・プロダクションまであらゆるスケールの現場で利用されている、Audinateの最もパワフルなネットワーク・ソリューションでも利用可能になります。

Symphony MK IIには、8?32チャンネルものカスタム・コンフィギュレーションのアナログ入出力オプションが用意されています。Symphony MK II with Dante(TM) は、最大32ものチャンネルでPro Toolsとリダンダント対応のDanteの接続を可能にし、これらの機能を2Uラックという最小のフットプリントで実現します。

Apogeeネットワーク・コントロール・ソフトウェア
Symphony I/O Mk IIではApogeeネットワーク・コントロール・ソフトウェアを使用できます。 ソフトウェアからリモートでSymphony I/O Mk IIのあらゆる設定にアクセスできます。お使いのコンピュータから、全チャンネルのキャリブレーション、モニター出力レベルの設定、アナログレベルタイプの選択、マイクプリのゲインの調整などが可能です。ドラッグ&ドロップでセットアップでき色分けも可能、一つのウィンドウで最大6つのデバイスを表示できるカスタムヴューも作成可能です。Apogeeネットワーク・コントロールはmacOSとWindows 10に対応し、Apogeeコントロール・ハードウェア・リモートにも互換性があります。

コントロール・ソフトウェアの特徴
・キャリブレーション、モニターやマイクプリアンプなどのSymphony I/O Mk IIの全ての設定をコントロール
・ドラッグ&ドロップで簡単にセットアップでき、色分けして整理することが可能
・一つのウィンドウで最大6つのデバイスを表示
・一台につき最大で32チャンネルの入出力を同時に表示
・一つのタブにつき最大で192チャンネルの入出力を同時に表示
・重要なネットワークやシステムの情報を一目で確認可能
・macOS、Windows 10に対応

モジュールとカスタム・コンフィギュレーション
Symphony IO MK II Dante(TM) オプション・カードは、Audinate社のDante (TM) Brooklyn IIモジュールを搭載し、プラグアンドプレイで最大[email protected][email protected]の双方向チャンネルでの送受信をサポートします。Symphony MK IIには、8?32チャンネルものカスタム・コンフィギュレーションのアナログ入出力オプションが用意されています。Symphony MK II with Dante(TM) は、最大32ものチャンネルでPro Toolsとリダンダント対応のDanteの接続を可能にし、これらの機能を2Uラックという最小のフットプリントで実現します。

最新の進化を遂げたSymphony I/O MK IIシステム
Symphony I/O MK IIは、2017 TEC Awardにノミネートされ、マルチチャンネル・レコーディングにおけるサウンド・クオリティの新しい基準を打ち立てた先進的なプロフェッショナル・オーディオインターフェイスとして、国際的な評価を得ています。

Symphony I/O Mk II | Dante + PTHD
人気のAudio-Over-IPネットワークで最高のサウンドを
Symphony I/O Mk IIは ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバージョン、最大32チャンネルものモジュラー・カスタム・コンフィギュレーションのアナログ入出力、直感的なタッチスクリーンディスプレイを搭載し、オプションで世界基準品質のマイクプリアンプを搭載することも可能です。プロフェッショナル品質のオーディオレコーディング、ミキシングやマスタリングのために設計されたSymphony I/O Mk IIは、現代的なスタジオにおける最高の音楽制作の中心部として役割を果たしています。

そして今回、Symphony I/O Mk II Dante オプションカードとイーサネットケーブルさえあれば、Symphony I/O Mk IIをポストプロダクション、ブロードキャスト、ライブやレコーディングスタジオのネットワークに簡単に接続、シェアすることが可能になりました。高い支持を得ているあのサウンド・クオリティを、最も人気の高いaudio-over-IPソリューション上で利用することができるのです。

システムをDanteネットワーク環境に統合することもできます。他のDante対応のオーディオインターフェイスで、これほどまでのクオリティ、柔軟性とモジュラリティを持つものはありません。

IPネットワーク上でのPro Tools HDの使用を簡単に
Symphony I/O Mk IIにPro Tools HD周辺機器ポートを搭載することで、Pro Toolsセッション~Danteネットワーク~Symphony I/Oモジュール間でのオーディオルーティングが可能になります。スタンドアローンの機器を追加する必要はありません。

Audio-Over-IPアプリケーションでのサウンド問題を解決する最良のソリューション
・ポストプロダクション
・ライブ
・ブロードキャスト
・レコーディングスタジオ
・教育機関

UD20190421

メニュー

柔らかい APOGEE アポジー / Symphony I/O Mk II Dante Chassis with 8x8 Analog I/O + 8x8 AES/Optical I/O + 2-Ch S/PDIF【お取り寄せ商品】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

柔らかい APOGEE アポジー / Symphony I/O Mk II Dante Chassis with 8x8 Analog I/O + 8x8 AES/Optical I/O + 2-Ch S/PDIF【お取り寄せ商品】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報